flutter

Flutterを利用した
スマホアプリ開発は、
当社にお任せ下さい。

Flutterとは、AndroidとiOS向けのモバイルアプリを構築するために
設計されたGoogleの最新の開発キットです。

ネイティブアプリ開発で培ったノウハウと経験を活かし、
クロスプラットフォームアプリケーションをスムーズに提供します。

よくある質問

Q1. 既存のアプリをFlutterに移行できますか?

既存のアプリをFlutterに移行して、ネイティブアプリを構築することができます。

Q2. Flutterで構築できるアプリの種類は何ですか?

Flutterを使用すると、カメラ、位置情報、サードパーティ製のSDK、ストレージなど、すべてのタイプのアプリを開発できます。さらに、AndroidとiOSの両方のプラットフォームで実行できるモバイルアプリの開発ができます。

Q3. Flutterのパフォーマンスはどうですか?

Flutterには、ほとんどのネイティブコンポーネントが含まれており、別途ネイティブモジュールと通信するためのブリッジは必要ありません。そのため、機能によっては多少動作が遅くなることもありますが、全体的にはネイティブで作成したアプリと同等のパフォーマンスを発揮します。

Q4. Flutterでアプリを開発するのにどれくらいの期間が必要ですか?

アプリが提供する機能によりますが、ネイティブアプリ開発と比較して、最大20%〜50%程度開発期間を削減できます。また、期間面だけでなく、コスト面についても大幅に削減できます。

Q5. Flutter とReact Nativeのどちらを選択すれば良いですか?

React Nativeは、Flutterの競合相手としてよく取り上げられます。UIにこだわりがある場合は、Flutterを利用することをおすすめします。また、Webベースのサービスの場合は、React Nativeを利用することをおすすめします。

Flutterの特徴

Flutterを利用したモバイルアプリ開発は、下記のような特徴があります。
もっと詳しい情報を知りたい方は、専門家が直接お答え致します。

優れたユーザエクスペリエンス

マテリアルデザインに準拠した画面やトランジションなどを活用し、優れたユーザ体験ができるアプリをご提供します。

ネイティブパフォーマンス

パッケージやプラグインは、ネイティブコンポーネントをラップしており、ネイティブと同等のパフォーマンスを発揮します。

ネイティブ機能へのアクセス

公式パッケージでは実現不可能な機能も、ネイティブコンポーネントへアクセスし実現します。

シングルコードベース

一つのソースコードで、iPhone/Android向けのアプリを作ることが出来ます。

迅速な開発

プログラムを修正すると、修正内容がすぐに反映され(Hot Reload)、高速に開発が出来ます。

開発実績

Flutterを利用したモバイルアプリの開発実績をご紹介します

求職者マッティングアプリ

求職者の経歴と企業の募集要項がマッチングした求人に応募できるアプリです。

内定者フォローアプリ

内定者と社員間のコミニュケーションを推進するアプリです。

健診誘導支援アプリ

健康診断の受診者をスムーズに誘導するためのアプリです。

クロスプラットフォーム開発、ネイティブアプリ開発、
スマホのことなら当社にお任せ下さい。

ネイティブアプリ開発の実績はこちらから